スポンサードリンク

副業確定申告では住民税の徴収方法の選択に注意してください


副業が会社や職場にばれない方法については以前説明しましたが、
確定申告の時期も近付いてきましたので、
副業確定申告の方法についてもう一度説明しておきますね。
副業で気になることといえば、やはり確定申告になります。
特にサラリーマンの方の場合、確定申告には慣れていないので、
副業で収入を得た場合、確定申告はどのようにやるのか、
疑問に思っている方も多いでしょう。
しかし、こればかりは会社の経理担当にでも聞いてみようか、
というわけにはいかないのが現状です。
普通に会社勤めをしているサラリーマンの方なら、
会社に副業がばれないようにしないといけませんからね。
一般的に会社の規定では、副業は許されていない
ということが多いですし、仮に副業が許可されていたとしても
副業の確定申告のことまで会社で面倒を見てくれるはずもありません。
ですから、副業サイドビジネスで収入があった場合には
確定申告の方法を自分で調べて副業の確定申告を行う必要があります。
では、この副業確定申告、どのようにしたらいいのでしょうか?
副業確定申告では、まず会社に副業がばれないようにする
ということが大前提でしょう。
一般的にいって、確定申告により副業が会社側にばれてしまうのは、
だいたいは住民税の支払いの時です。
これは、住民税の特別徴収制度によるもので、
住民税の場合、会社の給与以外の収入に対する住民税の支払いも、
会社の給料の分とあわせて会社が源泉徴収する制度となっているからです。
では、この住民税の特別徴収制度があっても、
会社に副業がばれることなく副業確定申告を上手に済ませる方法
というものがあるのでしょうか?
それが実はあるのです。
副業確定申告をする際に、住民税の欄に
住民税の支払いを特別徴収にするのか普通徴収にするのか、
を選択してチェックを入れるようになっています。
ここで住民税を「普通徴収」するように選択すれば、
副業収入にかかる住民税は個人で別納になり大丈夫なのです。
それにより、副業確定申告は、会社にばれずにうまく進むでしょう。
この住民税の普通徴収とは、副業をしているあなた本人に
副業収入にかかる住民税の請求が直接いくようになるものです。
会社側には副業収入にかかる住民税支払いの通知は行かなくなるので、
住民税の請求額によって副業がばれない、というわけです。
この方法を知っていれば、サラリーマンの方でも
安心して副業確定申告ができますよね?
なお、副業収入が20万円未満の場合は、
確定申告自体が不要であることをお伝えしておきます。
わたしのお勧めしている副業サイドビジネスの方法を利用すれば
確定申告の必要がないということにはならないと思いますが。。
 ⇒ 無料ブログを利用して副業サイドビジネスで稼ぐ具体的方法

▽▽▽よろしければ応援クリックお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます^o^
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。