スポンサードリンク

サラリーマンの副業サイドビジネスが会社や職場にばれない方法


会社によっては就業規則で副業禁止規定を定め
サラリーマンの副業を認めていないところも多くあります。
最近は就業規則における副業禁止規定を外し、
サラリーマンの副業を事実上容認する企業も出ているようですが、
一般的に言ってサラリーマンの副業は事実上禁止されている
というのが実情のようです。
しかし、たとえ会社に長く勤めていても給料が右肩上がり
という時代はすでに終わり、サラリーマンの生活は苦しくなるばかり。
生活のためにはサラリーマンも副業をする時代だといってもいいでしょう。
たとえサラリーマンといえども、自分の身は自分で守る、
会社が守ってくれないなら会社に頼らず自分で稼ぐ力を身につける、
というのがこれからの時代の常識になりつつあります。
しかし、いざサラリーマンが副業を始めようと思っても、
表向きは会社の就業規則で副業が禁じられているのであれば、
在宅ワークなどの副業により副収入を得ていることが
会社にばれてしまうのは是非とも避けたいところですよね?
副業が会社にばれてしまう原因のひとつは、
税申告で副収入があることが会社に分かってしまうことです。
そこで、副業サイドビジネスで得た副収入を確定申告をする場合、
会社や職場に副業サイドビジネスがばれないようにするためには
どのようにしたらいいかについて説明します。
もしなんらかの副業サイドビジネスがばれないように、
副収入を得ていることで確定申告をする場合は、
住民税の徴収方法という項目の欄で普通徴収欄に印をつけることが、
副業がばれない効果的な方法の一つとなります。
これはどう言うことかというと、確定申告で普通徴収欄に印をつけず、
特別徴収の欄などに印をつけてしまうと、会社や職場に対し
副業収入分も含めた住民税額が一括請求されてしまうからです。
従って、会社や職場に副業がばれないようにするには
確定申告の際に普通徴収の欄に印をつけることです。
このことにより、会社側に請求される住民税は、
従来どおり会社で得た収入分のみとなり、
副業や在宅ワークなどで得た副収入に関しての住民税は、
あなたに直接請求が来るようになります。
この方法が、副業サイドビジネスをやっていることが、
会社にばれない可能性が高くなるという方法になります。
しかしこの方法については、あくまでも副業サイドビジネスを
ばれにくくする可能性があるというだけで、
絶対に副業がばれない方法というわけではありませんので
その点には注意してください。
それ以外に副業サイドビジネスがばれない方法として、
アフィリエイトの場合、自宅でパソコンで作業するだけですし、
実際、アフィリエイト作業自体を妻など家族に手伝ってもらう
ということもあるかもしれませんので、
ASPの登録と報酬受け取り口座を妻などの家族名にしておく
という方法があるようです。
実際に誰がアフィリエイト作業を行っているかについては、
家の外の第三者には分かりようがないわけですが、
この方法は厳密に言えば脱税行為になる恐れもありますので、
決してお勧めはいたしません。
ちなみに、わたしは自分名義の登録で
サラリーマンの副業サイドビジネスとしてアフィリエイトしています。
これは別にわたしが正直者とかいうことではなくて、
そもそも確定申告しなくてはいけないほどアフィリエイトで稼げるとは
始めた当時は思ってもいなかったからです。
 ⇒ 無料ブログを利用して副業サイドビジネスで稼ぐ具体的方法

▽▽▽よろしければ応援クリックお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます^o^
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。